-----------------------------------------------------------------------------------------------

2018年7月30日月曜日

暑中お見舞い申し上げます


こんにちは。
すっかりサボってしまいました、いやはや。

とても平和で静かで、ネタもなくて^^;
あの大雨の時は、福岡県もたくさん雨が降って、
会社から帰宅するよう言い渡され、帰る途中は洪水だったりして。
私の部屋の裏のがけは、今回もなんとかもってくれました。

今回こそダメか? と、大事なものだけ取り出しておくべきか考えたけど、
やっぱり大事なものってなくって^^;
なんの備えもせず。。
しいて挙げるなら、現金と免許証でしょうか。
めっちゃ現実的です。


ものすごく暑くて、下着もつけたくないくらいなので、
ふんどし様様。
某大手下着メーカーが細々と続けている、ふんどしパンツも売り切れていたので、
暑さからふんどしに移行した方々もいるのかしら、、、

とにかく暑くて、4月の南インドばりに夜、眠れなかった。
昼間の日差しはそりゃあインドに比べれば、あまっちろいもんだけれど、
どうも、
夜、熱がこもるらしい先進国。

そんなこんな熱帯夜をサバイヴしつつ、
相変わらず、ひとつも面白くない仕事と家の往復なわけですが、
やっぱり訳もなく平和で、全てが無意味なのは明らかなのに、楽しく過ごしています^^


本当の 「癒し」とか「救い」 は、やっぱり「ここ」にしかない。


だーれもいなくて、世界が存在しない、ここ。
だーれも苦しめないし、苦しまない。

そういえば、インナーチャイルドとか、トラウマなんてものもなくなって、
母が、単なる良き友になりました。
ここでは、誰も育ってないし、誰も育ててませんので(^^)

この瞬間、瞬間に、家族が起こっています。



時々、
感情の起伏が薄かったり、怒らなかったりすることを、これと勘違いしてるのを
目撃するけど、

決してそうではなくて、

苛立って、怒って、泣いてわめいて、あわてふためいて、おもっきし文句言ってても、
そこに誰もいない、 という単純なこと。

(どんな感情が起こってもいいけど、人を羨ましいという感情は、
 自我の不在では湧いてこないみたいです。
 羨ましいと思う相手も不在。)


人のことを羨ましいと思う感情も、苦しみのひとつみたいですね。
「いいね!」は、あっても「いいなー!私も欲しい!」は、ない。
この感情がないのは、とても平和(^^)

それから、「私を見てみて!」「私こーんな楽しい!見て!」という思考も、
ひとつの苦しみ。
こないだメールで、Sayちゃんが言ってくれて、
昔、毎日のようにblogを更新していた私は、まさにこれな^^;
苦しかっただろうよ。


満足してなくて、
どこかに「私」を満たしてくれるもの、人があるのだと、
「ここではないどこかに行きたい!」という思考も苦しかった。

ほんと、どこにも行きたくない^^;

例えば、今、旅費あげるからって言われても、
沖縄にも屋久島にも行かないなーと思う。

きっと、「私」を満たしてくれる「特別」な何かを求めて
訪れた場所だからなのだろうな。
そうして、
それもまた完璧にただ起こったことで、本当のところでは何も起こっていなかった、
というだけのこと。
インドは面白いので、また行くかなーと思う。なんせクレイジー過ぎて笑える。

今までアルナチャラに思い詰めたように通って瞑想していたのは、
あの場所では、「これ」の体験が起こりやすいからだったのかも。
「無」の瞬間が起こってた。
あくまで「体験」であって、なんの意味もないし、実際は起こってないことだったわけで。
そういう意味で「個人」にとっては特別な場所。
「個人」がいなくなったここでは、単なる面白い場所^^


行きたいとか、行きたくないとか浮かんでくる気持ち関係なく、
なんでも起こるだけですな、はい。



どこも特別な場所はない。


ここに全てすでにある。


気づいてないのは「私」だけ。