-----------------------------------------------------------------------------------------------

2018年9月24日月曜日

祈らない願わない



こんにちは。
お元気にお過ごしでしょうか。
別に元気じゃなくてもイライラしてたり鬱になってても何でも完璧なんですが(^^)

10~11月にかけて、
仕事で大きなプロジェクトが動いており、
もっちろん私は重要なポジションであるわけがなく、
ぼちぼち忙しくなりそうなので、書けるう時に書いとこうかと。

このプロジェクトが面白そうなのも手伝い、仕事を続けてみようかという気になった。
面白くなかったら、たぶん辞める^^;
プロジェクトが一段落するとこまではいるけど、その先はわからんかな。

毎日うちのお庭を眺めていると、
ああもう完璧だな~美しいな~と思います ↑ 上の写真ね

シフトする以前は、ピュアなエネルギーゆえ自然は美しい、、、のだと思っていたけど、
そうではなかった。
あるがままだから完璧だったのだ。
咲く花も、枯れる花も綺麗だな~と思う。
そしてそれは人間の社会も同じなのだ。 すべてがピュアなエネルギー。

子供は、ピュアなエネルギーで大好き~☆
って感じで、どうかすると、週一ペースで友達の子供に会いに
車を1時間近く走らせる溺愛っぷりだったのだけど、
そういうのもなくなった。

可愛いけど、子供だけが特別ピュアっていうのがなくなっちゃったんだな。
ぜんぶ純粋なエネルギーが形を変えて表れてるだけ、ぜんぶ同じ。

違いを見ない。
すなわちジャッジがないのです、ここ。 この誰もいないここでは。


こないだニルヴァーナSuとジャッジの話になりました。
ヨガの仲間うちで「ジャッジ」というと、批判的な意味合いが強く、
多くの場合、善悪判断や優劣をつけることを意味していました。

そういう意味で、ここでは違いが見えなくなってしまったのだけど、
この場合、ジャッジメンタルJudgmentalと表現した方が正確なのかも。

なぜなら、「これは違う」っていうのも、ひとつのジャッジ(判断)ともとれるかなーと。
ノンデュアリティの有名なスピーカーがたくさんいるけれど、
「この人の言ってることは、違う。そこに誰かいる前提で話してる」

っていうのが、私たちは何故だかハッキリわかることがあります。
(ビジネスの邪魔したとかで恨まれたくないので、名前は書かないけど^^;)

でもここで「違う」って言うことに、批判的要素が1ミリもありません。
単に「りんご」を指して、「これはミカンだ」と言ってるのを、
「違うよ、それはリンゴだよ」って言うのと同じ。

そのことについて、ジャッジしてる!など言う人はいませんよね^^;
そういう軽い感じです。


何度も書いてるけど、違っていてもそれも完全で、
ここでは「正すこと」がありません。 変えるべきことがない。

だからなのか私は、祈らなくなりました。
祈りっていう響きは美しいけれど、「祈りで変えたい何か」という存在がもうないのです。
というか、元々そんなものはない。
祈ったり願う必要なく、すべてが完全です。
何かを変えたいと願い祈る、あなたは一体だれなのでしょうね(^^)

会話の中で軽く「早く体調が良くなるよう祈っているよ!」などはもちろん使うし、
これが嘘をついている、とかそういったことでもないです。
これも私が選んで発している言葉ではないですし(^^)


私がラマナマハルシに強烈に惹かれた理由のひとつ、
彼が本の中で、「人殺しもそのままでいい」というようなことを言っていて、
なにそれーーーー!!!!と驚いたことがあります。

それまで勉強していたヨガの先生は「BE GOOD, DO GOOD」を教えていたから、
それはもう真逆でしょ?

ちょうどラマナマハルシと出会った頃、
全員が「BE GOOD, DO GOOD」な世界って、
皆が良い人ってこと? それって何か違和感、、、ていうか気持ち悪いかも、、、

と疑問を感じていました。
だからラマナマハルシの「BE AS YOU ARE」=あるがまま
は、なにそれーーーー!!??という興味が湧いたのでした。

そして今、「私」がいなくなった、誰もいなくなった 

ここ

では、確かに「あるがまま」です。
完全な「あるがまま」しかないです。
何も変える必要も変わる必要ない。


「あるがまま」 
すべてが純粋なエネルギーであり、完璧です。




2018年9月17日月曜日

癌で死ぬこと

よそのお宅の甘酒をご馳走になりました。
また違ってて、おいしい!


こんにちは。
このところご無沙汰ばかりですね。

当たり前に起こることが起こってて、
書くことが特になくて~、、

先日、久しぶりにお友達がプライベートヨガのクラスの呼んでくれて楽しかった^^
やっぱりヨガは気持ち良い!

けど、
やっぱりやっぱり、何をしてても同じ。 違いがない。
クラスの最後の方で、エネルギーが変わったから、無言でマントラを唱えているかと思った、
と言われました。
が、唱えてなかったーーーー  笑

シフトが起きてからは、マントラとか、本当にどうでも良くなってしまった。
(癖になってるから、自分の練習のときは無意識に唱えてることがあるけど)
ここでは、「馬鹿!」っていうのとマントラも、さして変わらないです^^;
言われてムカッとくるかどうかの違いくらい? かな 笑

私が常にリラックスの中にいる。
守られている中にいる感じ。
そのエネルギーが伝わったのかも。 実際は、どっちでもいいこと。

たとえ私がそれを良いとか悪いとか、素敵だとか素敵じゃないとか思っても、
そんなのは関係なしに、ただ自動的に起こっているだけ。
で、実在においては何も起きてないんです(^^)  だから特に意味はありません♪


つまんない仕事のバイトも同じに楽しくて、
秋で辞める予定がしばらく続けることにしてみたりしちゃって!

秋になったらインドに行く。
それがワタシ。

みたいなところが、こっれっぽっちも無くなっちゃったんだなぁ。
個人のこだわりが無いというのは、楽ちんでしかない。
でも、個人のエネルギーからすると、ちょっとつまらなく見えるのかも。見かけ上。

あんなに焼いてたクッキーやケーキもぜんぜん作らなくなってしまったし^^;
食べ物もね、それなりに美味しく健康が保てればOKです。
「 むさぼる 」ということが起こらないみたいで、
前みたいにストレス食いっていうことが起こらなくなりました(^^)
これは心地好いですよ~


あと欲しいものもあんまりなくなった。
ヨガや瞑想でも、ある程度までは欲しくないとこまでいってたけど、
これは明らかに違う。
たぶん元々、性格的にそんなに服とかにこだわりがなかったのかなぁ、、、 
よくわからん^^; 
微妙に無頓着すぎて、昔の服へのこだわりを思い出したいほど 笑

大和田ナホさんは、いつも違う高そうな服を着てるから、
彼女のキャラクターは服好きなのかな。

彼女のトークを聞くことで、どんどん変わっていったのに、
ヨガの先生のときみたいに、ぜんぜん彼女に執着できないし、
「グル!」って感じで崇めたりもできない^^;

服の好みや趣味(ヨガもアシュタンガみたいやしね)からも
明らかに友達になれるとも思えない。
同じく、
ナホさんのトークは効果絶大よね~ って言ってるニルヴァーナSuとも
泥んこで山に登ながら、そんな話をした。 

たぶんナホさんは、こんな泥んこで山登りとか好きじゃないだろうし、
私たちは友達にはならないだろうね~(^^) と。

これは悪口ではないです。 ここに悪意は微塵も湧いてこない。
(私が悪口を言わない聖人という意味えなく、その時々で腹が立ったときに悪口言います)
ただ淡々と、そんな話が湧いてきた。
リスペクトとかそういう気持ちも湧かない。 

結局、ここで&これに関して、
先生(教える者)と生徒(教わる者)っていう2つが存在してないから、
湧きようがないんでしょうね。

スピリチュアルな探求の終焉。

個人の消失とこれはセットだ。


究極の救いはここにしかない。
私たち全員の目の前に、今すでにある、ここ。これ。



一気に涼しくなって、秋に日本にいることを決めたことをやや後悔しているところなんですが、
なんせ過去の経験ってやつが存在しないから、
経験からの判断ができないですね~ 実際涼しくなってみて、ちんってなってたりして 笑

でも、まーいっか、でしかないです(^^)

おそらく「懲りる」ってこともないのだろうな。
過去の経験が実在でないから、そこからの行動が出てこない。
当たり前に起こることが起きてるけど、
明らかに個人がいないことで、起きないこともある、ということが起きている。

起きてないことも含めて、全てが完全に起きています。

なんだこの変な日本語^^;
ノンデュアリティのスピーカー達が言っているように、
言葉っていうのはポインター(指し示すもの)でしかありません。
これを言葉にすることはできない。

もし言葉にできたなら、それは実在ではなく、
個人のエネルギーと同じ、マヤカシ、実在のひとつの表れでしかなくなっちゃう。


先日ヨガのクラスに呼んでくれた友達が医療従事者で、
一冊の本を取り出して教えてくれたこと。

その本はお医者さんが著者で、彼の本は、
看護師さんたちのバイブルのようになっているんだそう。

癌で死ぬのは一番苦しまない美しい死に方なんですって!

ここで書いてることは、誰も死なないってことなのに、こんな会話が自然に起こるから
おかしい。

うん、誰も死なないのは明らかだけど、
ここでの話は肉体の朽ち方、という方がより正確かな。

変にいじくりまわして治療するから肉体が苦しむんだって。


もう明らかに、誰もいなくて、私に選択権はないから、
何が起こるかはわからないけれど、
癌で朽ちるのも良いかもって思った。



おもしろかったら、【ヨ ガ】 バナーをクリックよろしくですー  →