-----------------------------------------------------------------------------------------------

2019年8月17日土曜日

庶民派ノンデュアリティのススメ


こんにちは(^^)
暑い♪
けど、朝晩は涼しくなってきてタオルケットをはおるくらいになってきましたin福岡
日本の夏はやっぱり本当に!短い!
そして年々短くなってきている気がする。。。猛烈に暑いの一瞬、みたいな。

そのせっかく暑くて汗をかいて蓄積された毒素を出せる一瞬に
エアコンのきいた場所にじっといるのが生活習慣病や年とってからの病の原因なんだろうな~
など、つらつつら。。。

わたくしめは、扇風機弱でタンクトップで汗くさく座敷で執筆しております。
庶民派なんで。ええ。

写真のバナナブレッドは会社の人に渡すのに、灼熱の中焼いたもの。
ココナツシュガーを使ってるから茶色い。
インスタ映え狙ってブルーベリーを散らしてみたりして。
これは家の畑でとれたもので、甘くておいしかった。


この梅雨~夏にかけて体調いまいちなのがズルズル続いて病院にいってみたりして
思ったのですが、日本の医療が遅れている、ということ。
正確には、先走り過ぎ? みたいな。

西洋医学を先走って取り入れまくった結果、日本古来からあったであろう治療法が
なくなっている??!!
漢方チョイスしかないから(保険適用)甘んじて漢方飲んでいたけど、
やっぱりイマイチなんですよね。。
(日本でホメオパスのコンサルを受けようものなら2万円とか。。。)

あのホメオパシーみたいな、ヒット!!ていうのがないのよね。。。
西洋医学は基本リバウンドするから、治り方がホメオ的な感覚と全く違う。

元気のなかった私に、インドに住む友人がホメオパシーを送ってあげたい、と言ってくれたけど、
インドでは、薬を海外発送できないんだそうで。
ん、待てよ、つまりインドではホメオパシーがきちんと医療として認識されている。
もちろんアーユルヴェーダは絶対。

タイにしても、タイマッサージとかチネイザンとかハーブサウナとか、浸透してて
お金もって遊びに来てる外人だけじゃない、地元の人の生活にも浸透してる。
バンコクに行けば、日本よりもっとモダンな西洋医学の病院がしっかりある。

西洋医学ばりばりの、アメリカだって家庭に一本エキネシア、という程度には、
暮らしのなかに自然医療が溶け込んでいるというのに。


というようなことが、
頭に浮かんできたので書いてみたけれど、なんらノンデュアリティとは関係ないです^^;

でも、ここには誰もいないからそういったエネルギーです。


そういえば、悩んでいる、という若い知人たちにノンデュアリティって楽だよ~♪
と、やんわりオススメしてみたけど、
ぜんぜん心に響かなかったらしい 笑

私も、ヨガのときみたいに、激しくオススメしないしなぁ~
でも、これが究極の救いだっていうのは確信してます(^^)

すでに救われてるから、強く薦めることが起きないのかもしれんな~