-----------------------------------------------------------------------------------------------

2018年6月17日日曜日

死後の世界?

久しぶりにバナナブレッドを手作りしたら美味しかった。
ヴィーガンでなく卵入りなので、いつもより黒っぽいのかな。


こんにちは。
お元気にお過ごしでしょうか(^^)
休みの日は、用がなければ家にいたい、ヒキコモリのパラサイト全開です。
できるだけ床に密着してたい~ (ねっころがっていたい~)
休みの日のくまりちゃんの体の半分は、畳に溶けているぞ。


先週は低気圧だか生理だかの関係で、目眩やら頭痛だったのと、
仕事で、取引先との打ち合わせに同席したりで目まぐるしく働いていたため、
カフェインレス生活、ゆえの久しぶりの執筆(カフェイン)。

寝起きで目眩な日もあり、やっぱりホメオパシー先生&ヨガで治っちゃいました。
どーも、Coccu.というレメディがヒットするようだ。


先日、お友達が瞑想クラスをするのにおうちに招待してくれまして、
たまの遠出、(といってもバスで2時間ほどか?インドでよく5時間とか乗れてたな~)
とっても楽しかった。

服までいただいてしまって、(小汚い格好していて母に叱られた件でタイムリー)
必要なものがやってきました(^^)
でも、
いわゆる見た目に嫌なことが起こっても、それもこの必要なことと同じ。ぜんぶおなじ。
嫌なことも何か特別なことも、なくなっちゃったみたいです。


友達とチャットしてたときに、
くまりは水があるところ、大事よね、
みたいなことを言われ、

あれっ大事なものって何だっけ??となりました。
どうも「大事なもの」とは、とても個人的なものらしく、
これは、ここではもう絶対に見つからないもののようです(^^)

水?でもどっちかってーと、アルナチャラにこんだけ毎年行っとるし、わたし山派じゃね?
いやしかし、アルナチャラを思い浮かべても、特別とはなんか違うよな~ 
やっぱないよな~そんなもん^^;
↑ というような思考が展開されていたのが記憶として浮かんでます。

なんかあんまり、特別なものとか美しいものとかにしがみついてると、
起きにくいのかもね、解放。
私の知ってるニルヴァーナ達は、自分にとても正直な人が多くて面白い。
(この場合の正直とは、美しいことだけをオープンにしてるのとは違う)



先週から忙しく、でも残業したくないから休憩なしに働いてることも多く、
そして相変わらずのクソつまんない仕事内容なんだけれども、
やっぱり喜びにしかなくって、なぜか楽しい。
肉体的には、とても疲れていていっぱい寝てる 笑

シフトが起きた後、(これも起きてないことだから書くことに違和感)
朝起きて、仕事に行きたくないっていう思いが浮かんだことがないかも。

めんどくさいことお願いされた~って一瞬思っても、
仕事に取りかかると仕事が自動的に起こってて、
嫌だとか、めんど~とかって、存在しない。

感情が、もはや「私」のものではないからね。
起きてたとしても現実味をおびないって感じ、もしかしたら気づいてないのかも^^;

なんでも起こっていいんだけれど。
嫌だなって思う気持ちも不満も、
いつでもドンと来いやって感じでいるけど、どうにも起こらないらしい。

あ、、でも後付けで時々、
さっきの状態がいわゆる「緊張」ってやつだったのかな?
いわゆる「慌ててる」って状態だったのかな?
とかふと思う。

自分の状態がもうわかんないですね^^; どんな状態でもどうでもいいって言えるのかな。
どういう状態も感情も、もはや何の意味も帯びず淡々と起こってるだけ。
表面的な状態とは関係なく、常にくつろいでいて、喜びと静けさしかないって言えるかなぁ。

そういえば、生理前はすごくイライラしやすいみたいで、
(これも後付けで生理前だったからかな?でしかないんですが)
イライラしてた。
なんでイライラしてたか、イライラしてたときの感じとかは、
もう全然現実味がなくって思い出せないけど、なんでも起こってる。


話戻って、
友人宅にお邪魔したときに、ヨガのクラスして、お茶しながらノンデュアリティの話。
友人は、
トニーパーソンズや大和田菜穂さんの本も読んでて話しやすい(^^)
話してって言われないと、こんな意味不明な話はしないです^^;
周りのニルヴァーナも話を聞いていると、割とそんな感じの様子。

この話って矛盾の上でしか成立しないもん。
それを矛盾と思わず疑問が湧かない時に、気づいたら、ここに誰もいなくなってます。


死んだ後にどうなるか?
という質問を受けまして、あのときはなんて答えたかな、、、
確か
「私」が死んだ!とか「私」が生まれてきた!とか、
とにかく「私」というエネルギーが強ければ、
生まれ変わりは起こるかもしれないんじゃないかな?
とかなんとか、、、

付け足すと、
生まれ変わりも幻で、実際は誰も生まれてないから、どうでもいいんです。
つまるところは、

「私」が誰なのか見出だしてもなお、その疑問は起こるだろうか?
まずは「私」が誰なのか見出だしなさい、

ラマナマハルシがよく質問者にこう答えたところに行き着きます(^^)
それ答えになってないよ、知りたいよ!とBhagavanの本を読んでる時によく思ったけど、
今なら理解できるこの回答。

そうなのだよね~私が誰か見つけると、そういうのどうでもいい^^;
ここでは、死んだ後のことを知りたいというエネルギーが湧いてこないです。
死んだ後の話などを語っている人は、「私」が誰なのか見つけてない人なのかもね。
それも良し。見つけない、知りたいと思わない、それも完璧。

ここらへんのカルマ論、因果応報が、
諸外国ですっかり流行ってしまったヨガの悪影響なのかな。
ぜんぜんインドとか行ってなくて、仏教を勉強してるわけでもないのに、
輪廻転生とかが当たり前に口から出る日本人。 違和感、、、

あ、私も言ってたなぁ(^^)

お後がよろしいようで♪   

            良くないっすか 笑




おもしろかったら ヨガ バナーのクリックよろしく~  →